考え方の変化

先日、私と娘で高橋多佳子さんのピアノリサイタルへ行ってきました。
娘は今、ショパンの曲を練習していますが、
まさに娘が今練習しているその曲を
高橋多佳子さんが演奏してくださいました。
あ、いや、娘のためにその曲を弾いたわけではありませんが…(笑)

娘はリサイタルへ行く前までは
「ここ(楽譜を指さして)、こんな早く弾けるわけないじゃん!(#`Д´)ノ」
「マジ意味わかんねー(#`Д´)ノ」などと文句を言っておりました。
私の愛するショパンさま♪の楽曲に、です(笑)
あの、かの有名な、ショパンさま♪の、あの、かの有名な、楽曲に、です(笑)

そんな娘が、高橋多佳子さんのショパンをホールで聴きました。

リサイタルが終わり、家へ帰り、私が家事をし始めたところ、
娘はそそくさとピアノへ向かいました。
そして、ショパンを弾き始めました。
私は「また文句言うのかなぁ…今度はどんな毒を吐くのかなぁ…(;´Д`A」と
娘から言葉が出てくる前からうんざりしてしていましたが、
娘は弾き始めて少し経った後にこう言いました。

「なんで、ここ(楽譜を見ながら)、あんなに速く弾けるんだ?
なんで私は指が速く動かないの?」

今まで、弾けない理由を曲のせいにしていた娘が、
弾けない理由を自分の中に考えるようになりました。

この一歩は素晴らしいものです。
ピアノだけではなく、何でも自分の思った通りに行かない事を
「人のせい」「自分じゃない何かのせい」にしていた娘が
「自分はどういう理由でできないのか」を考える方向になったという事です。

私やお父さんが娘に毎日毎日何回も何回も、
「何でも人のせいにしないで、自分がどうだったか、どうすべきかを考えなさい!」と
呪文のように言っていた事を、
高橋多佳子さんのピアノリサイタルに行った事により
多分無意識に考えるようになったと思います。

ピアノは、音楽だけでなく色々な事を学べるものだと私は思っておりますが、
今回私の娘を見て、実感しました。
娘はその後はそれなりに、相変わらず(笑)ではありますが、
少しずつ良いものを吸収して成長してくれるといいなと思います。

素晴らしい演奏は、心を動かすものですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひろみ

Author:ひろみ
 青森県青森市でピアノを教えながら演奏活動もしています。
 RCサクセションコピーバンド「ニコニコサクセション」で鍵盤担当しています。「イマイファミリー」という家族バンドで演奏もしています。
 イマイファミリー父「おさむちゃん」の日記もたまにあります。そちらは「忌野清志郎さん」関係のネタとなっております★清志郎好きな方はぜひコメントお願いいたします。父、泣いて喜びます(笑)

http://www6.plala.or.jp/imai-piano/

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます♪