矢野吉晴ピアノリサイタル

昨日は、私の師匠「矢野吉晴先生」の
ピアノリサイタルでした。
昨年は岡田照幸先生とのデュオでの演奏を聴かせていただきましたが
今回はソロ演奏。
矢野先生のソロを聴くのはいつぶりなのでしょう…
……………
…………………
………………………思い出せない…(笑)

この日をとても、とても、楽しみにしておりました。

矢野先生の演奏は本当に個性的で
p、ppの儚い美しさとf、ffのハリのある力強い美しさに魅了されました。

ピアノという楽器は、こんなにもキラキラした音を奏でるのか…
ffは「強く」ではなく、「大きくならす」のだと再確認しました。
私はクラシックの時は特に、ピアノは美しくありたいと思っています。
(思っている事と実際とは別問題ですが…(笑))
そう思うようになったのは、矢野先生の演奏を聴いてからです。

学生の頃からずっと憧れている音を奏でる矢野先生の
60歳の記念リサイタルなので
ドキドキワクワク、の他に学生の頃の緊張感も加わりまして
自分の本番以上に緊張しておりました(笑)

私の事は置いておき…
矢野先生の演奏は…私の知っている言葉では
なかなか上手に表現できないのですが
とても矢野先生らしい、それはそれは美しい演奏でした。

演奏そのものはもちろんの事、
MC、プログラム、演出等々…
細部に矢野先生のこだわりを見ました。
そして、矢野先生のプロ意識も見ました。
1曲1曲色々な思いで演奏されている事もよくわかりました。
感動してばかりの私でした。

私はやはり「ピアノは美しくありたい」と思いました。

矢野先生の演奏は、
プログラム終了後、アンコールを何度聴いても、
もっともっと聴きたいと思ってしまいます。
(ピアニスト泣かせですね/笑)
さらに、リサイタル後すぐ「また聴きたい」と思ってしまいます。
(疲れているのにさらに追い打ちをかけるくらいピアニスト泣かせですね/笑)

自分もいつかそう思っていただける演奏がしたいと思いました。
…大きく出てしまいました。無謀でした。すみません(笑)
いやいや、夢や目標は大きくて良いです!
そこに向かって毎日練習したいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひろみ

Author:ひろみ
 青森県青森市でピアノを教えながら演奏活動もしています。
 RCサクセションコピーバンド「ニコニコサクセション」で鍵盤担当しています。「イマイファミリー」という家族バンドで演奏もしています。
 イマイファミリー父「おさむちゃん」の日記もたまにあります。そちらは「忌野清志郎さん」関係のネタとなっております★清志郎好きな方はぜひコメントお願いいたします。父、泣いて喜びます(笑)

http://www6.plala.or.jp/imai-piano/

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます♪