平成26年度 第50回青森市民文化祭【青森市小学校連合音楽会】

10月の8日と9日に、
青森市小学校連合音楽会が開催されました。
今井ピアノ教室の生徒さんも伴奏をしました♪
伴奏のレッスンも、発表会のレッスンも楽しみながら頑張る生徒さん♪♪
私は本番聴きに行けなかったので、
今日、レッスンの時に様子を聞こうと思って
生徒さんに「連合音楽会、どうだった?」と聞いたところ、
「バッチリでした★Σd(ゝ∀・)」と答えてくれました!

私との練習の成果が出たそうです(^^)
彼の本番を家族の方も見に行くことができたそうで、
「椅子の高さを調整している様子を見て、
『ああ、この子は大丈夫だ』と思った」とおっしゃっていました。

私は本番のためのレッスンとして
演奏以外のところにも力を入れて教えています。
例えば「メンタル面」ですが、
気持ちの持ち方によって練習通り弾けるかどうかが違ってきますから
まず、本番の心臓の動きから生徒さんと考えます。
私:「本番の時の心臓って、どうなる?」
生徒:「ん~…はやくなると思う」
私:「心臓が早くなるって事は……………」
という感じに、小さなところから順を追って説明して、
最終的に本番前、何をすればよいのかを明確にします。
私は「音楽を止めてはいけない」という事を特に重要視しています。
音楽は一度始まったらどんな事があっても
最後まで弾ききらなければいけません。
伴奏は特に、他のパートとの共同作業なので大切な事です。
最後までたどり着くための強い精神力も求められます。
レッスンの際に、強い気持ちをたもつにはどうすればよいのかを
生徒さんの考えに道筋をつけて結果を出します。

やるべき事をはっきりさせると、その目的だけに集中できます。
集中すると、本番の「いつもと違う様々な情報」に
困惑する事が少なくなります。
私自身の今までの本番の経験が
指導にとても役に立っております♪
私自身、今でも本番はすごく緊張して心臓バクバクいっていますから(^_^;)
生徒さんの気持ちが手に取るようにわかります。
ですから、今回の連合音楽会の伴奏をした彼にも
私の経験して学んだ事を伝えました。
その成果が出て、いつものように伴奏ができたという事が
とても嬉しかったです(*´艸`*)ァハ♪
生徒さんと私の二人三脚で取り組んだ事が
大成功という結果に繋がりました!
本当に嬉しい事です。

この勢いに乗って、発表会も大成功にしたいですね♪
地に足付けて、ひとつひとつを確実にこなしていき、
最終地点にたどり着きたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひろみ

Author:ひろみ
 青森県青森市でピアノを教えながら演奏活動もしています。
 RCサクセションコピーバンド「ニコニコサクセション」で鍵盤担当しています。「イマイファミリー」という家族バンドで演奏もしています。
 イマイファミリー父「おさむちゃん」の日記もたまにあります。そちらは「忌野清志郎さん」関係のネタとなっております★清志郎好きな方はぜひコメントお願いいたします。父、泣いて喜びます(笑)

http://www6.plala.or.jp/imai-piano/

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます♪