ツェルニーさんって…

なんであ~んなにたくさんの練習曲を作ったのでしょうね(笑)

私自身、学生の頃ツェルニーの練習曲がとても苦手でした(^_^;)
先生からは毎週「もっと速く!もっと速く!!」と怒られておりました…((+_+))

私は基本的に人よりテンポが遅くて、
速度の速い曲を演奏するのが苦手でした。
その私が弾くツェルニーの練習曲なものですから
先生はとにかく楽譜に書かれてあるテンポに近づいて欲しいと思ったのでしょうね。
テンポとリズムばかり言われていた記憶があります(-_-;)

その私が大人になって改めてツェルニーの練習曲を弾きなおしたところ、
練習曲の中に出てくる
シンプルで美しいハーモニーと、シンプルで美しい変化に
トキメキマシタ!!(笑)
A-B-Aの典型的な構成の、BからAに移る時の微妙なさじ加減や
同じコードの中で変化するメロディーラインなどなど!
子供の頃のただひたすら速度を追及するだけの練習がもったいないと思うくらい
魅力的な曲の集まりだったのだと、
大人になってから気が付きました。…遅いですか…すみません…。

多分(いや、きっと)、私が子供の時は、
速さだけで時間を取ってしまうので、次に進んでしまったのだと思われます。
今になって見ると、とてももったいないなと感じます。
私がもっと速いテンポですらすら演奏できていたら…
テンポの先のこういう発見を、子供の時にできていたかもしれない…
…などと、後悔するわけではなくて。

時を経て、せっかくこういう発見をできた私なので、
生徒さんにツェルニーの練習曲を教える時には
生徒さんのタイミングを見計らって
この練習曲のどの部分が面白いのか、美しいのか、素晴らしいのかを
力説します。はい。それはもう暑苦しく(笑)
それは、私が子供の頃思っていた
「ツェルニーの練習曲は速く弾くだけでつまらないな~…」
(すみません…ツェルニーさん…)という事で終わってしまうような
もったいない事をしないためです★

楽しくテクニックを磨けるなんて、
嬉しいですよね♪
私も生徒さんも嬉しいレッスンにしたいですから
今までと変わらず、暑苦しく力説いたします(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひろみ

Author:ひろみ
 青森県青森市でピアノを教えながら演奏活動もしています。
 RCサクセションコピーバンド「ニコニコサクセション」で鍵盤担当しています。「イマイファミリー」という家族バンドで演奏もしています。
 イマイファミリー父「おさむちゃん」の日記もたまにあります。そちらは「忌野清志郎さん」関係のネタとなっております★清志郎好きな方はぜひコメントお願いいたします。父、泣いて喜びます(笑)

http://www6.plala.or.jp/imai-piano/

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます♪