自分の子供を教える事

私は今、自分の子供もレッスンしています。
そしてその難しさを毎日実感しながらのレッスンです(^_^;)

自分の親がピアノの先生だと、練習についての指導を毎日してもらえるので
とても効率よく練習ができます。
しかしながら、それは「先生の指導をしっかり聞いている」というのが前提でして…
うちの子供たちは私の事を「お母さん」と考えるところが大きく、
私が先生として「指導」をしているつもりでも
母親の言う「言う事ききなさい」的な気持ちになるみたいで
毎日反抗されます(^_^;)

まさに今も…(笑)
ハノンの20番を譜読みするのが大変みたいでして…
現在プリプリ怒っている息子が家におります(-∀-`; )
一回マルになったところなんだけどなぁ…
忘れてもまた譜読みし直せば良いだけなんだけどなぁ…

ピアノ教室の生徒さんも、忘れて弾けなくなる事はあります。
その時も「忘れたらまた譜読みすればいいんだよ♪
何回も何回も譜読みして覚えていけば良いんだよ♪♪」と指導しています。
生徒さんは私の言葉をしっかり形にしようと努力してくれるので
譜読みの練習にもなって、上達しております。

うちの子供達も素直に何回も譜読みしてくれたらいいな~と。
もっと言うと、表現方法とかテクニックのところも私の言葉を聞いてくれるといいな~と。
……はい、愚痴でした(笑)

それでも息子、練習を始めてから1時間経過しました(*´∀`)
それなりに頑張っているのが見えるので、
頑張っている子供はやっぱりカワイイなと思っている母ヒロミでした(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひろみ

Author:ひろみ
 青森県青森市でピアノを教えながら演奏活動もしています。
 RCサクセションコピーバンド「ニコニコサクセション」で鍵盤担当しています。「イマイファミリー」という家族バンドで演奏もしています。
 イマイファミリー父「おさむちゃん」の日記もたまにあります。そちらは「忌野清志郎さん」関係のネタとなっております★清志郎好きな方はぜひコメントお願いいたします。父、泣いて喜びます(笑)

http://www6.plala.or.jp/imai-piano/

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます♪